トップ

安全な歯科治療を

歯科治療で起こるアレルギー

歯科で気をつけたいアレルギー

歯科に通う場合、アレルギー体質の人はいくつか気をつけたい点があります。まず歯の詰め物などをする場合、金属が体質に合わない可能性があることを頭に入れておきましょう。元々ピアスなどアクセサリーを身につけて赤くかぶれが起こるような人は、治療後に口の中に違和感を感じることがあるため、そのような場合は早めに医師に相談をしましょう。また、医師が使用するゴム手袋や麻酔でアレルギー症状を起こす場合もあるため、元々敏感な体質をしている人や他の治療中に症状が出たことがあるような場合は、歯科で治療に取り掛かる前に問診表などに記載しておくと安心です。

考えられるアレルギーについて

歯科では、患者さんが来てくれた場合には、安全な診察のために問診票でのアンケートを行います。アレルギーや飲んでいる薬などがないか?などを事前に、スタッフが問診票へ記入をお願いすることがほとんどです。これは治療を行う際に、飲んでいる薬やアレルギーなどがある人の場合には、治療の途中や最中に、副作用などを起こしてしまい、大変なことになってしまうことを防ぐためです。このような事態を防ぐために、上記のようなアンケートや飲んでいる薬、現在治療している病気などがないか?などについて、記入の依頼がされています。歯科治療は全身の健康状態も重要となるため、口内以外の病気に関する薬やアレルギーでもこまめに伝える必要があります。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科治療で起こるアレルギー. All rights reserved.